• のニュース
  • のイベント

FLASH NEWS from Brazil

2008.08.04

ブラジル移民100周年記念文化行事の一環として招聘された
「日本の響き・古典から現代まで」(団長・川村昌子)に音楽監督として参加中の井上鑑。
31/07-06/08まで、サンパウロ、クリチバ、カンピーナスなどの各都市で6公演します。
井上鑑作編曲「Somewhere East」「1613」の2曲をブラジル人ギタリストと共演、
更に尺八の坂田梁山氏とトリオでコラボレーションする小曲も演奏されます。
クリチバでの初公演はスタンディングオベーションを受ける好評の内に終了。
続く公演の成果が期待されています。