• のニュース
  • のイベント

井上鑑 東芝EMIからりリースのアルバム旧作2タイトルが再発になります!

2013.05.30

SPLASH%26%E6%9E%B6%E7%A9%BA%E5%BA%AD%E5%9C%92%E8%AB%96

 

井上鑑 東芝EMIからりリースのアルバム旧作2タイトルが再発になります!

http://www.vividsound.co.jp/item_show.php?lid=4540399043395

 

未CD化シングルの音源、収録曲を銀座ヤマハホールでライブ演奏したテイクなどをボーナストラックとして収録しています。近年、キング・クリムゾン関連やイタリアのプログレッシブ・ロックなどのリリースやプロデュースで活躍中のレーベル、ヴィヴィッド・サウンドからのオファーで実現しました。

アナログ録音時代にここまで細かく作り込んでいたか!と思わせる音作りにはサウンドクリエーター浦田恵司氏(最近は菅野よう子さんとの活動で知られる)の才能が爆発しています。井山大今、井山ジョン今アランというプレーヤー達のソリッドな演奏も聴き応え有ります。

発売時期に向けて様々なアクションもありそうですので順次お知らせしてまいります。

 

マスタリングはオレンジの小泉由香さんが素晴らしいセンスでまとめてくださいました。アナログ・マスターテープが健在でしたので大変豊かな音場からのリマスタリングです。
その様子は井上鑑公式Facebookでどうぞ!

 

 

ブラームスと日本 BRAHMS UND JAPAN EINE BRUCKE ~架け橋~ VOL.2

2013.05.23

ブラームスと日本01

ブラームスと日本02

井上鑑が音楽監督を務めるチェロと箏のプレミアムコンサート、

「ブラームスと日本 BRAHMS UND JAPAN EINE BRUCKE ~架け橋~ VOL2」

が開催されます。

井上鑑編曲によるアンサンブル他、井上鑑作曲、チェロと二十五弦箏によるブラームスへのオマージュ「Dual-Focus」が初演されます。

元ウィーンフィルハーモニー主席チェロ奏者のバルトロメイ氏による「鳥の歌」も演奏されます。

お陰様でチケットは残り後わずかとのことです。

 

出演   フランツ・バルトロメイ(Vc),野坂操壽(箏・二十五絃箏),

古川展生(Vc),滝田美智子(箏),

チェロアンサンブル,箏アンサンブル

 

2013年6月5日(水) 紀尾井ホール

開場18:30,開演19:00

 

「うれしいね、すみちゃん」開催決定しました!

2013.03.20

やまがたすみこ久しぶりのコンサートが決定しました。日時は6月2日日曜日、会場はJR山手線目黒駅から直ぐのブルースアレイ・ジャパンです。昨年秋ウルトラヴァイブからリリースしたCMソング集から、またオリジナル曲も新旧取り混ぜて贅沢な内容になりそうです。共演者は井上鑑(KBD)小倉博和(GTR)三沢またろう(PERC)の3名。詳細は下記ホームページにてどうぞ。

 

http://www.bluesalley.co.jp/

 

Blues Alley Japan ※予約受付センター(月~土 12:00~20:00)  電話:03-5740-6041

チケット発売日 2013年4月13日(土)14:00~ ※発売初日のみこちらの時間で対応

大好評です、でしょでしょでしょ!!

2013.02.14

日テレ土曜ドラマ「泣くな、はらちゃん」音楽を井上鑑が担当しています。

ドラマの中で、非常に大きな役割を担う劇中歌がじわじわと世の中に浸透しています。「自作曲なのにふと気が付くと頭の中で歌っている!これは中毒性があるぞ、、ついついループしてるもん」とは作曲家本人の談。メインテーマとして創られたインストルメンタル曲の美しい弦のアレンジや、オーストリアの民族楽器ツィターの叙情的な響きも是非お聞きになって下さい。サウンドトラックアルバムはバップから2月20日に発売されます。

 

http://www.ntv.co.jp/harachan/dvd-cd/index.html

パラシュートメンバーとして「クロスオーバー・ナイト」に出演します!

2012.12.21

10年ぶりのリユニオン! オリジナル・メンバーでパフォーマンスする、めったにない楽しい出来事です。

 

LIVE IN TOKYO CROSSOVER NIGHT

2012年12月29日(土)

東京国際フォーラム・ホールA 開場15:00/開演16:00

舞台「真田十勇士」の音楽をプロデュースします。

2012.12.21

赤坂ACTシアター、オープン5周年記念の

舞台「真田十勇士」の音楽をプロデュースします!

2013年8月、新たな伝説が生まれます。


主演は実力は俳優、上川隆也。

脚本は劇団★新感線座付き作家で、疾走感あふれる作品と定評のある中島かずき、そしてタッグを組むのは繊細かつ大胆な演出で知られる新国立劇場芸術監督の宮田慶子。

赤坂ACTシアター5周年を記念した珠玉の一作

8月30日(金)〜9月16日(月・祝) 赤坂ACTシアター

http://www.sanadajuyushi.com/

 

 

 

 

ガモウユウイチ編集の音楽フリーマガジン「vous allez bien?」第16号に特集でとりあげていただきました。

2012.12.21

ベーシストでもある音楽ライター、ガモウさんによる

中身の濃いインタビューと情報がいっぱいのミニコミ誌です。

 

とてもすてきなので先着10名様にX’mas プレゼントいたします。

住所、氏名を明記の上、当サイトのコンタクト欄よりお申し込み下さい。

※先着の10名様へこちらからご連絡致します。

 

vous allez bien?(ヴゼレ・ビエン)

お問い合わせ先:locolocomo90@hotmail.com

WASABURO・ワサブロー ニューシングルに参加しました。

2012.12.01

シャンソン歌手と呼んでしまってはその世界を伝えきれない、でも30年以上パリでの音楽活動を積み上げているワサブローさんは、フランスと切り離す事は出来ないアーティスト。独特の世界観を仏語と日本語の言葉にのせて表現されています。編曲と作・編曲で大森昭男さんプロデュースの新作に参加しました。作詞はどちらも伊藤アキラさん、井上鑑CM works/On Associates Yearsでも数々の名作を聴くことの出来る言葉の達人です。鈴木キサブローさん作曲の「俳句」、井上鑑作曲の「椅子」の2曲が収録されています。ギターソムリエ、小倉博和さんも参加して下さっています。

 

http://www.wasaburo-paris.com/wasaburo/schedule.htm

 

「連歌・鳥の歌」ギャラリーライブ@広島ご報告

2012.11.30

去る11月25日(日曜日)広島市内、日本銀行旧広島支店1階にて「連歌・鳥の歌」ギャラリーライブを開催いたしました。井上鑑とナターシャ・グジー(ヴォーカル、バンドゥーラ)、生協ひろしま虹のコーラス、梶川純司(フルート、横笛)、中伴子(ヴァイオリン)、大州中学卒業生有志(歌とお話し)、の皆さんの出演によるコンサートは200名以上の聴衆の皆さんに支えられて素晴らしいものになりました。高い天井高、石造りの空間が持つ豊かな響きが堪能できる集いになったことを感謝しています。爆心地直下で被爆しながらも崩れることの無かったこの建物、建築としても評価の高い遺産を大切に、しかも新しい表現や市民活動のために整備して活用させてくれる広島市(市民の皆さん)にあらためて敬意を表します。

 

なお、当日配布した「連歌・鳥の歌」フライヤーに一部誤植と鬼怒無月さんの人名表記の誤りがありました。関係者の皆様にお詫び申し上げますとともに、ご指摘を感謝いたします。

「連歌・鳥の歌」webサイト プレオープンいたしました

2012.11.19

 

井上鑑プロデュースプロジェクト「連歌・鳥の歌」のサイトがプレオープンいたしました。

 

http://thesongofbirds.com