• のニュース
  • のイベント

「DSD Trio 録っても良いコンサート」先録りインフォメーションVol.2

2015.11.15

index

 

DSD Trio 録っても良いコンサート」の開催を来週に控え、サウンドプロデューサーであるエンジニア赤川新一氏からメッセージが届きました。会場の詳しいセッティング状況など、ぜひご覧ください。

 

オフィシャル音源録音担当の赤川です。
コンサート当日の録音関係の調整も担当しております。

 

現時点では、ステージ、マイクエリア、R席、S席の配置は掲載された以下の図のようになっています。
マイクエリアはステージ前方とステージセンターから後方に伸びる形になっていますが、これはLRのバランス良く録音+モニターするために最適の場所、機材に近い場所という位置付けです。(多くの方がワンポイント録音を予定している為)

 

会場内セッティング予定図

 

R席は機材の近くに座る必要がありますので、基本的にはステージセンターから後方へセットされる予定ですが、大型の機材などを持ち込まれた場合は、「機材エリア」と称する場所に置かせていただきます。その場合、機材エリア近くにR席が出没する事もあるかもしれません。

 

S席は前方にマイクやスタンドなどが来る部分もあると思いますが、概ね通常の客席です。
マイクがステージ近くに設置出来れば録音者が最前列に居る必要がないため、サイド前方はS席となります。お申し込みになりました席区分の変更も随時受付けるそうですので、ご希望の際にはメールにてご連絡をお願いします。

 

メールお問い合わせ先:
dsdrecordingsession2015@pabloworkshop.com

 

当日、僕はリハーサル時にセンター付近でのバランスをチェックし、ピアノ・ドラム・パーカッションの配置や向きなどを決定します。つまり、詳細な位置関係などは本番まで決定されないという事が前提となります。このあたりは実際のレコーディングに於いても同様です。つまりかなり流動的ですので、セッションにまつわる諸事情を含めてお楽しみ下さい。

 

R席に供給される電源は3P仕様の100Vになりますが、3Pのアースは結線されていません。通常の壁コンセントからの延長になりますので、ある程度の電圧低下はあるかもしれません。95Vを下回る事は無いと思いますが、117Vの機材を「100Vでも動くから」と持ち込まれるのは危険と思います。117Vの機材を予定しておられる方は、昇圧トランスなどを持ち込まれる事を推奨します。また、電源生成機を持ち込まれる事もOKですが、ファンノイズの大きいものや、トランスの唸りが大きいものなどは、使用をお断りするケースがあるかと思います。動作音対策もよろしくお願いします。

 

今回は全くの生音だけのコンサートで、PAは使用されません(MCはPA使用)。録音に向いているだけではなく、コンサートとして非常に希なほど良い音になると思います。本番は録音機に付けたヘッドホンではなく、会場に響き渡る生音をお楽しみ下さい。

 

ムジカーザヴァーチャルツアー
http://vr.panokul360.com/d06/musicasa/001/pc.html

「DSD Trio 録っても良いコンサート」先録りインフォメーションVol.1

2015.11.10

「DSD Trio 録っても良いコンサート」の開催を来週に控えた井上鑑からメッセージが届きました。

 

今回のコンサートは新しい試みです。
録音会でも無ければ規制の緩いライブでも無く、参加して下さる皆さんとともに「記憶に美しく残る音楽」を育てようという一夜なのです。
同じ曲からも毎回違った物語が紡ぎ出されるのがDSD Trioの演奏の魅力ですが、何とそれらを持ち帰って再体験して頂く事が出来ます。レコーディングスタジオで作品作りをしていくのと同様な感動と興奮を、ともに味わう事が出来たらどんなにか素晴らしい事でしょう。
当日は同じ曲を数回別テイクとして演奏する、という構成も用意しています。どのテイクがお好みか?どの瞬間に心が動いたか?様々なリアクションが生まれることと思います。演奏者の音楽的会話が客席で端末を掲げるみなさまにリアルに伝わっていくに違いないと、メンバーも楽しみにしています!

 

そして、お問い合わせが多い当日の会場内セッティング予定図を掲載いたします。

 

会場内セッティング予定図

 

S席は通常通り客席全般を使います。R席の皆さんはマイクスタンド設営可能エリアに近く、ステージのセンターポジションに隣接した縦位置の2列と、ステージ上手奥のスペースを機材設営エリアとして使って頂きます。
お客様の動線、ステージ上の楽器配置、特にピアノの設営位置と向きに関しては未だ未定の段階です。大きく変更することは考え難いのですが、詳細はリハーサルをしながら細かく現実的に煮詰めてまいりますので、参考図として御理解下さいますようお願いいたします。

 

それでは、みなさま
11/19日に代々木上原ムジカーザにてお会い出来るのを楽しみにしております。

 

井上 鑑

音楽会「チェロ・トライアングル」開催のお知らせ

2015.11.04

井上頼豊のおくりもの/チェロ・トライアングル パンフレット

 

「井上頼豊のおくりもの/チェロ・トライアングル」と題した音楽会が、11月18日(水)に東京都・渋谷区のMUSICASA (ムジカーザ)にて開催されます。

 

開催にあたり、井上鑑からコメントが届きました!
イベント詳細とともに、ぜひご覧ください。

 

亡父・井上頼豊の門下生チェリスト3名の方による音楽会です。
ガット弦のチェロで様々な表現を成し遂げている鈴木秀美さんは、なんとチェロ教則本の古典を編纂した作曲家ドッツアウアーのエチュードをテーマに弾き語って下さいます。
N響メンバーの渡邉方子さんはファゴットとのデュエットという珍しいアンサンブルを聞かせて下さいます。
小川剛一郎さんは盟友お二人とのトリオで会場を盛り上げて下さることでしょう。

 

僕はファゴットとの2重奏で故 林光さんの「行進曲」編曲という役を務めます。
光さんの20代の作品、改めて見直してその才気に打たれました。普段室内楽など縁遠いと思っていらっしゃる方にも必ず胸に残る音楽会になると思います。是非、足をお運び下さい。

 

井上鑑

 

 

【イベント詳細情報】
井上頼豊のおくりもの/チェロ・トライアングル

日程:2015年11月18日(水)
時間:開場 18:30 開演 19:00
会場:MUSICASA (ムジカーザ)
アクセス:http://www.musicasa.co.jp/information/index.html

 

【お問い合わせ先】

イベントに関するお問い合わせ、前売券のご予約はこちら

電話:080‐4896‐9014
メール:cellotriangle2015@pabloworkshop.com

【10月24日】井上鑑 ARRANGE ISLAND SHOW #7開催迫る!

2015.10.21

AIS_vol7_02<リーフレット(PDF)はこちら>

 

 

7回目となる井上鑑のアレンジクリニック&ライブ・ショー「井上鑑 ARRANGE ISLAND SHOW Vol.7 @Yamaha Ginza Studio」が10月24日(土)に開催されます。

 

開催を前に、井上鑑からコメントが届きました!

—-

お陰様でヤマハ銀座スタジオとのコラボレーション企画は息の長ーいものに成長しました。

なかなか言葉ではこのイベントの面白さは伝えきれません。

 

ステージ上で音楽が作られていく息づかいを共有していると、もはや他人事とは思えなくなります。今回の二組はなかなかに個性ある創り手ですよ、是非共犯者と、もとい共作者として「見つめて」頂きたいと思います!!

 

そういえばなんで「聴きつめる」って言わないんでしょうねぇ。

ー井上鑑

—-

 

今回の二組とは「うすいしんすけ」さんと「ウランバナ」さん。

 

チェロを弾くシンガーソングライターうすいしんすけさんと、個性ある歌詞を唄うバンド・ウランバナさんが、井上鑑のアドバイスによってどのように変わっていくのか!?

 

どうぞお楽しみに!
そして一緒に楽しく体験しましょう♪

 

【イベント詳細】

井上鑑 ARRANGE ISLAND SHOW Vol.7 @Yamaha Ginza Studio
日時:10月24日(土) 開場15:30/開演16:00
会場:ヤマハ銀座スタジオ
料金:前売¥3,500/当日¥4,000(全席自由)
出演:井上鑑、うすいしんすけ、ウランバナ
ゲスト:古川昌義

 

その他イベントの詳細はこちら
https://www.yamahaginza.com/public/seminar/view/1820

 

「DSD Trio 録っても良いコンサート」受付開始しました!

2015.10.03

Print【クリックして拡大表示】

 

独創會2015が無事盛会の内に終了して、一息ついたのも束の間、この冬のDSD Trio Live In Tokyoの準備が始まっています。
毎回様々な発見と深化を与えてくれるこのユニットですが、今回は音楽の伝え方、少し普通では無い形に挑戦です。生録ファンと呼ばれる「録音すること自体が大好きな方達」がいらっしゃいますが、そうしたコアなオーディオファンの皆さんにもきっと100%楽しんで頂ける企画です。

 

DSD Trioの3名はもう随分長い期間スタジオでレコードやCDの製作に携わってきましたが、今やそうしたパッケージビジネス自体が有り様を問われる時代となりました。CDを作って皆様に聴いて頂く、という方法論だけでは音楽の魅力を伝えきれない、むしろ埋没してしまう危険を身に染みて感じているこの頃なのです。
一方で、生演奏の生き生きとした魅力は多くの聴衆に指示されています。演奏技術や機材の能力だけではない、その時その場で生まれる特別な魅惑的マジック、それはまさにDSD Trioの真骨頂です。だとしたら、少しでも多くのサポーターの皆様にその魅力を持ち帰って楽しんでもらおうじゃないか・・・もちろん精密に作り込んだ作品は作り続けてまいりますが、音質が少しラフでもコンサートで体験共有した音空間を何度も聴き直し、追体験出来たら素晴らしいのではないか?そんな思いから「携帯で録るのであればご自由にどうぞ、」という剛毅な企画が生まれました。

 

実は60年代にはグレートフル・デッド、最近ではフィッシュ、などといったユニークなアメリカのバンドがコンサートの録音を許可していることが知られています。熱心なファンが機材を持ち込み、とても高音質な録音をしていたのですが、バンドの営業活動を妨げるどころか活性化してライブの動員に貢献していたほどなのでした。急にそこまで行けないのは自明の理ですが、録音なんてしたことないわ、というあなたにも、オイラの生録システムはプロよりもレベル高いぜ、録り音を聞かせてやりたいものだ、というあなたにもDSD Trioは、これからはともに歩み続けたいと願っているのです。
音楽を作り上げる緊張と楽しみを参加する方みんながそれぞれのスタンスで楽しみ、長く生き続ける作品を育てていく、そんな試みにぜひご参加下さい。そんな意味合いで今回のコンサートにはご自慢の機材を使ってトッププロの演奏を録音してみたい、というみなさまにもドアを大きく拡げてみました。ついてはみなさまの録音作品についてもアーティスト側として愛情を注いでいきたいものです。何らかの形でお互いに聞いてみたいと希望する方達同士のコミュニケーションが生まれ得るような方策を考えていこうと思っております。当日は同じ曲を何テイクか演奏する事も試みます(こんなに変わるの?と驚かれるかも)ので、録る側としても音楽と音響の変化を楽しんで頂けるでしょう。

 

サウンドプロデュース担当、赤川新一共々、こんな人がやって来たか!?という皆様の登場を心待ちにしております。かたや最近のスマホは侮れません・・・録音機材などワタクシ持っておりませんけど、、というあなたの作品が素晴らしい音楽作品になるかもしれません。楽しく、しかも創造的な時間になりますようにみなさまの創意工夫を楽しみにしております。

 

*追加はみ出し情報*
僕が音楽を担当しましたNHK特集ドラマ「2030 かなたの家族」が、9/22初回放映が好評につき再放送が10月11日午前1時40分(10日土曜日深夜)にされるとのことです。番組の内容など、詳細は下記でご確認下さい。
英国在住の女性コラ奏者、ソナ・ジョバーテとのコラボレーション曲を聴いて頂きたいです。彼女のヴォーカルも素晴らしいです!

 

http://www.nhk.or.jp/dsp/2030/

 

井上鑑

 

*******************

DSD trio Live in TOKYO のお知らせ

  • 11/19「録っても良いコンサート」@代々木上原MUSICASA
  • 12/3「飲んでも良いコンサート」@目黒Blues Alley Japan

*******

 

11月19日(木)
「録っても良いコンサート」@代々木上原MUSICASA
OFFICIAL RECORDING 音源配信付き公開録音ライブ

 

会場:代々木上原ムジカーザ
(東京都渋谷区西原3-33-1)
http://www.musicasa.co.jp
開演:19:00
開場:S席18:30 / R席(録音機材持込み参加者)17:00

 

◇参加費

(入場料+Free Rec+OFFICIAL RECORDING 音源配信付き)
S席:¥6.500

R席(録音機材持込み参加者) ¥11,500

 

  • S席同様にOFFICIAL RECORDING 音源配信付き
  • リハーサル後半から入場、セッティング可能
  • AC電源は供給します。一口のみですので分岐等はそれぞれでご用意下さい。
  • MIC STAND等持込み可

◇参加お申込み<メール>
dsdrecordingsession2015@pabloworkshop.com
お名前と緊急連絡先電話番号「S席 or R席」のいずれかご希望をご記入下さい。
受付順に整理番号の返信と共に注意事項を改めてお知らせします。

 

◇お問い合わせ先

Tel.03-5477-4320(月−金 12:00〜17:00)

 

◇参加上の注意点

  • 会場での録音可。スマホ等(録音専用機材では無いもの)はFREE。
  • ただし、録音された音源を個人使用以外の目的で使用することは許可されませんので、当日同意書をご用意します。
  • OFFICIAL RECORDING 音源(当日のTakeからセレクト)を後日配信にてお届けします。
  • 録画は厳禁です
  • 80席限定
  • 一般席とR席(録音機材持込み席)を区分することになりますので、ご了承下さい。
  • 会場に駐車スペースはありませんので、近隣のコインパーキング等をご利用下さい。

********

 

12月3日(木)
「飲んでも良いコンサート」@目黒Blues Alley Japan

 

会場:目黒 BLUES ALLEY JAPAN
(東京都目黒区目黒1-3-14 −B1)
http://www.bluesalley.co.jp/
開場:18:00

開演19:30 ※2部構成(入替無)

 

◇参加費
前売:テーブル席(指定)¥5,500
Dinner Set(mini Dinner・1Drink付/MC・SC込)¥12,000
立見(自由)¥5,000
当日:各料金¥500 up(各税込)※オーダー別

 

◇予約・お問合せ
BLUES ALLEY JAPAN
Tel.03-5740-6041
http://www.bluesalley.co.jp/

 

◇予約受付
BAJ CLUB会員 10月1日(木)12:00〜
一般発売 10月9日(金)14:00~

*******************

「独創會 2015」終了御礼

2015.09.23

独創會2015終了御礼

 

9月22日(火)に開催された「井上鑑 独創會2015」への沢山のご来場、誠にありがとうございました。
独創會を終えた井上鑑より、コメントが届きました。

 

オペラシティ・リサイタルホールまで足をお運び下さった皆様、こころからお礼を申し上げます。
ありがとうございました!

 

僕はCM音楽の作編曲からスタートし、様々なアーティスト、素晴らしいミュージシャンたちと出会いを重ねつつ音楽生活を続けてきました。音楽で会話したり共感したりすることの魅力を何時も感じてきた僕に、一人でやらなくちゃ駄目でしょ、とお題を下さったのは松岡正剛さんと藤本晴美さんでした。

 

その結果、一人バージョンのコンサートも回を重ねてきましたが、昨日のステージも「ひとりだけどひとりじゃない」手応えをひしひしと感じられるものでした。
お手伝い下さった鑑組2015の望月くん、青木くん、パラシュートの同僚、安藤さんを始め、音響・照明チームの技術と感性が当為即応、素晴らしいスピード感で支えて下さいましたし、オーディエンスの皆さんが暖かく深く息の長い余韻を生み育ててくれたこと、その受け答えが何よりもの宝物でした。

 

さて、この夏は沢山の大きなプロジェクトで満載の鑑号でした。
「井上鑑 独創會2015」終了を機に、今日からはこの秋冬に向け改めて帆を上げてまいります。

 

井上鑑

「Soundings 2015」整理券配布のおしらせ

2015.09.18

9月22日に開催される「井上鑑 独創會2015」オペラシティ・リサイタルホール ロビー特設ブースにて、当日の御入場者を対象にKORG Acoustageという音響技術を使用したサウンド・インスタレーションをご鑑賞頂けます。

 

非常に対象人数が限られてしまう条件ですが、新たな可能性を模索する試みとして実験的に発表するプロジェクトです。

 

15:30よりオペラシティ・リサイタルホール会場入り口受付にて24枚の整理券を配布いたします。

開場時より1回約5分のシークエンスで、番号順に順次ご入場頂きますが、整理券配布時に詳細はご案内させて頂きます。

 

当日の状況によりご協力をお願いする点もあるかと存じますが、ご了承いただきますようお願いします。

 

コルグ「Acoustage」とは…
従来のオーディオシステムの概念にとらわれない、新しい音響技術です。
高度な信号処理技術や音響心理、空間音響の研究から得た知見をベースに、前方に置かれたステレオスピーカを使い、聴取者の左右や後方などあらゆる方向に“音”を創生します。従来では体験できなかったパーソナルな音響空間を創造します。

独創會2015 トレーラ最終回#3を公開

2015.09.14

独創會2015トレーラ#3

 

開演が9月22日(火)に迫った「井上鑑 独創會2015」のプロモーション トレーラーの第3弾が公開されました。
みなさま是非ご覧ください。

 

第3弾トレーラーはこちら
http://www.akira-inoue.com/recital2015/

 

そして残席僅かとなっております井上鑑 独創會2015をお聴き逃しなきよう、出演者、スタッフ一同ご来場をお待ちしております。
本年もKORG/Acoustageを使ったサウンドインスタレーションを開場時、休憩時に公開いたします。

 

整理券発行時間など詳細は、追ってお知らせいたしますが、今回も音楽的内容、意匠など赤川新一氏プロデュースの下、準備を進めてまいりました。是非お楽しみください。

 

<トレーラー最終回について>
宇都宮be-offまで出掛けていって撮影収録をしましたこの作品は、大森宏樹氏、赤川新一氏、原惇子氏、そしてパラシュートのメンバーとして長いお付き合いの安藤芳彦氏の才気と感性を受け取って素敵な仕上がりになりました。
最新の撮影・録音機材を使用しながらもヴィンテージのレンズやアナログ機材、そして大谷石の陰影と特筆すべき良質のアップライトピアノ、それらの要素が得難い表情を醸し出してくれました。参加して下さったみなさま、そして協力して下さったbe-offのみなさまに改めて感謝をしたいと思います。

 

こうした個人製作プロジェクトにも関わらず、高いレベルの作品を積み上げていくことが出来て実に幸福な気持ちでいっぱいです。

 

Thank You All!!
Please Enjoy These Fantastic Productions!!

 

September 2015 井上鑑

 

第3弾トレーラーは、「独創會2015」特設ページよりご覧ください。
http://www.akira-inoue.com/recital2015/

NHKドラマ「2030かなたの家族」について

2015.09.02

2030かなたの家族

 

2015年9月26日(土)に、NHK総合テレビで放送予定のドラマ「2030かなたの家族」(主演:瑛太さんほか多数)の音楽を、井上鑑が担当しました。

 

僕としてはあまり例の無い事ですが、NHKの単発ドラマ「2030かなたの家族」の音楽を担当しました。
家族について、というか人と人の関わりについての様々な課題を見つめる番組です。
熱意あるスタッフとの共同作業の中で、僕にとっても手応えのある作品作りが嬉しいプロジェクトでした。

 

一番のエポックは驚異的に素晴らしいコラ奏者・シンガーのソナ・ジョバーテとコラボレーションが出来た事で、番組全体のテーマとも言える曲を演奏、歌唱して下さいました。
彼女のパートと山本拓夫(Sax)、三沢またろう(Perc.)両氏のアンサンブル(ダビング作業)の創り出す独特の世界観は、是非とも沢山の方に届けたいクオリティです。
僕にとっても自分が作曲した音楽が彼女の感性と技術で大きく成長していく様を見るのは、刺激的なプロセスでした。

 

ギターは旧知の盟友、デビッド・ローズが参加してくれました。
彼のロックフィーリング、というか音の存在感はプロデューサー陣も感銘を受けた程で、一言で言えば絶賛でした。

 

僕の音楽を暖かく大切に扱ってくれるチームとの共作、もちろん諸処の制約の中で奮闘しながらのプロダクションですが、価値ある仕上がりになったと思います。そして少しでも多くの皆さんに見て、聴いて頂けるよう、情報を広めていきたいと願っています。

 

井上 鑑

 

ソナとデビッドの世界を、是非こちらでも味わってみてください。
http://www.sonajobarteh.com/

http://www.davidrhodes.org/

 

番組の詳しい情報は、NHKのサイトにてご確認ください。

http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/215910.html

独創會2015 トレーラ#2を公開

2015.08.14

井上鑑 独創會2015のトレーラー第二弾「Criteria編」を公開します!
トレーラは14日(金)より、「井上鑑 独創會2015」特設ページでご覧いただけます。

 

トレーラー第二弾「Criteria編」はこちら
http://www.akira-inoue.com/recital2015/

 

宇都宮「be off」の美しい空間で収録された安藤芳彦さんとのモノローグは、台本などもちろん無し!
不思議な静けさと柔らかな空気をお楽しみ下さい。

 

福山雅治「10代限定ライブ」「稲佐山」、松本隆作詞活動45周年記念「風街レジェンド」など怒濤のスケジュールのなか、着々と独創會に向けて準備を進めています。

 

是非チェックしてみて下さい!