• のニュース
  • のイベント

【3月4日発売】ニッポンの編曲家(書籍)に取り上げていただきました

2016.02.16

51uyuG8LEJL._SX350_BO1,204,203,200_

 

「ニッポンの編曲家」という書籍に取り上げて頂きました。

70年代~80年代の音楽シ−ンを支えた12人のアレンジャーの仕事と人間にフォーカスした企画を、当時の若手現役ディレクター川瀬さん、吉田(格)さん、そしてニューミュージックの歩くエンサイクロペディア・梶田さんが熱意と共にまとめた単行本です。

 

井上鑑はセレクションの中では若干異色の歩みを辿ってきた存在ですが、生き生きと音楽が作られていた現場の空気を次世代に伝えるという趣旨に諸手を挙げ賛同して参加いたしました。

 

ロングインタビューによって語られた当時のレコーディング模様をお楽しみ下さい。

3月4日発売。ご購入、詳細は以下よりどうぞ

 

「連歌・鳥の歌2016」バルセロナ、キエフ公演速報

2016.02.03

image005

 

井上鑑がプロジェクトプロデューサーとして2013年から続けてきました「連歌・鳥の歌」プロジェクトが、今年新たな展開をいたします。

 

2016年4月下旬、鳥の歌の故郷であるバルセロナにある「L’auditori」と「カザルス財団」に招聘され公演を行います。そして、同じく招聘公演としてナターシャ・グジーさんの故郷キエフにてのコンサートをその翌週に行います。

 

image005

image007

 

 

 

 

 

 

 

 

 

賛同者となって下さったみなさまにお送りしたリーフレットをご覧下さい。

近日中に「連歌・鳥の歌2016」として新しいウェブサイトをオープンし、Facebookページもリニューアルする予定です。

 

是非、変わらぬご理解・ご支援を「連歌・鳥の歌」プロジェクトにお寄せ下さいますよう、お願いいたします。

フジパシフィック音楽出版・50周年記念コンサートに出演します!

2016.01.17

unnamed

 

日本放送『HAPPY FM93』開局記念
フジパシフィックミュージック創立50周年記念コンサート
オールナイトニッポン ALIVE 〜 ヒットこそすべて〜

 

3月1日に開催されるこのコンサートに井上鑑が出演します。
豪華なメンバーと沢山のヒット曲で50周年をお祝いしましょう。
公式ページにてチケット抽選先行予約中です。

 

◆出演者◆ ※敬称略

泉谷しげる / 稲垣潤一 / 宇崎竜童 / ウルフルズ / EPO / 小田和正 / きたやまおさむ / 坂崎幸之助 / Superfly / 鈴木雅之 / 平松愛理 / 藤井フミヤ / 佐橋佳幸(音楽監督・Guitar) / 石成正人(Guitar) / 井上 鑑(Keyboard) / Dr.kyOn(Keyboard) / 有賀啓雄(Bass) / 小田原豊(Drums) /
スパム春日井(Percussion,Manipulator) / 金原千恵子(Violin)

 

◆コンサート詳細◆
日時:2016年3月1日(火) 開場17:30  開演18:30
場所:日本武道館

 

日本放送『HAPPY FM93』開局記念
フジパシフィックミュージック創立50周年記念コンサート
オールナイトニッポン ALIVE 〜ヒットこそすべて〜

http://www.fujipacific.co.jp/fpm50th/

「DSD Trio 録っても良いコンサート」オフィシャル音源配信についてのお知らせ

2015.12.31

IMG1218

 

11月19日、代々木上原MUSICASAでの「DSD Trio 録っても良いコンサート」においで下さったみなさまへのお知らせです。

 

前回のニュースで文字化け等の問題についてお知らせいたしましたが、再送の結果ほぼみなさまからダウンロード成功のお知らせを頂きました。

お手数かけて大変申し訳ありませんでしたが解決に向けて前進出来たことをご報告いたします。

 

さて、今回の配信ダウンロードキーは当日・個人使用のみにお使い頂く事への確認サインを頂き、返信用のメールアドレスを登録して頂いたお客様に向けて送付しております。当日ご来場頂いていても登録リストにお名前が無い場合には、お送りしておりませんのでご了承下さいますようお願いいたします。当日の音源は、e-onkyoより配信販売されることが決まっておりますので,公開日程などが確定いたしましたらお伝えしてまいります。

 

ご登録頂いているお客様で現在もダウンロードに問題が発生していらっしゃる場合には継続してサポートしてまいりますので、状況、症状等を下記までご連絡下さい。年始の数日間は対応が遅れるケースもありますのでご理解を頂けますよう、お願いいたします。

 

▼連絡先メールアドレス

dsdrecordingsession2015@pabloworkshop.com

「DSD trio 録っても良いコンサート」ダウンロードキーについて

2015.12.26

DSD Trio 「録っても良いコンサート」にご来場頂いたみなさま、
当日の素晴らしい雰囲気作りにご協力頂き、ありがとうございました。

 

24日にオフィシャル音源配信のダウンロードキーをお送りいたしましたが、回線状況等の理由で若干名の方に未だダウンロードキーをお届け出来ていない事が確認されました。

 

携帯メールアドレスの場合、添付ファイルが付いたメールをブロックされている、PCからのメールを受け取れない設定になっている等の原因が考えられますが、当日登録して頂いたアドレスが手書きのため、当方が誤読しているケースも有り得るようです。

 

お手数をおかけして大変恐縮ですが、

お手元の諸設定を今一度ご確認いただくと共に、登録済みに関わらずメールを受け取られていない場合は、
dsdrecordingsession2015@pabloworkshop.com までご連絡を頂けますよう、お願い申し上げます。

 

週明けに出来る限りの対処を進めてまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

「DSD trio 録っても良いコンサート」オフィシャル音源配信のお知らせ

2015.12.18

IMG1218

 

11月19日に代々木上原ムジカーザで開催された「DSD trio 録っても良いコンサート」にご来場頂いたみなさま。
当日会場での暖かな無言の声援!?ありがとうございました。
そして、クリスマスプレゼントのお知らせです。

 

告知いたしましたとおり、当日ご来場のみなさまに赤川新一氏録音+Mixによるオフィシャル音源配信の準備が整いました。

 

以下の様に、みなさまが登録して下さったアドレスに配信パスワード=ダウンロードキーをお知らせいたします。
通信上の問題その他でご質問、ご要望が生まれましたら下記アドレスまでお問い合わせ下さい。

 

    • ◆配信パスワード=ダウンロードキーの送付
      12月24日(木) 24:00

 

    • ◆オフィシャル音源ダウンロード期間
      12月24日(木)~12月30日(水)

 

 

それではDSD Trioからのクリスマスプレゼントをお楽しみ下さい。

【いよいよ明日開催!】DSD Trio 飲んでも良いコンサート

2015.12.02

003_dk

 

先月19日に開催され、大好評いただいた「DSD Trio録っても良いコンサート」に続き、明日12月3日に「DSD Trio 飲んでも良いコンサート」が開催されます。

 

色々な企画でお待ちしております。
物販も今回のものはかなりのクオリティ!メンバー3人が、とても一生懸命に準備しましたので、、、。
楽しい現代音楽、お楽しみに。

 

直前ですが、お問い合わせは下記へどうぞ。
http://www.bluesalley.co.jp/

【御礼】チェロ・トライアングル/DSD Trio録っても良いコンサート 盛況の内に終了しました!

2015.11.22

image

 

11月18日に「チェロ・トライアングル」、19日に「DSD Trio録っても良いコンサート」が開催されました。
会場に足を運んで下さったみなさまに心からの御礼を申し上げますとともに、当日の様子をお伝えさせていただきます。

 

奇しくも会場の代々木上原ムジカーザがオープン20周年を迎えた11/18の<井上頼豊の贈り物「チェロ・トライアングル」>は、室内楽の楽しさとチェロという楽器の持つ幅広い可能性を十二分に味わえる一夜となりました。
超満員の会場にはチェロのケースを持ち込まれたお客様も複数、静かな熱気に包まれていました。ドッツアウアーというチェロの練習曲集で知られる作曲家が実は才気溢れ、今なお新鮮さを醸し出す名作を作っていたことを伝えて下さった鈴木秀美さん、ファゴットとの2重奏というレアな試みに挑戦して下さり、美しい音色と叙情性に現代的な感性を加えた表現をして下さった渡邉方子さん、トリオという室内楽の原点に洒脱さと独創性を感じさせて下さった小川剛一郎さん、3人のチェリストに深く感謝をいたします。
そして共演者のみなさまもそれぞれ素晴らしい表現力で会場を包んでくれました。井上鑑編曲の「チェロトリオ版・鳥の歌」で未来を見つめつつ締めくられた一夜でした。

 
 

続いてDSD Trioの公開録音企画は未体験のユニークな試みで製作スタッフ、会場の関係者を含めこれはどうなるのだろう!?と期待と若干の不安の中に準備を始めましたが、予想を超える面白さと音の良さで大成功となりました。
打楽器の強靱なドライブ感と空間を大切にする繊細さを兼ね備えた山木秀夫、三沢またろう両氏の技術もさることながら前夜のチェロ同様、ひとつひとつの音が作り出す余韻の美しさが素敵でした。通常滅多に見ない向きで蓋も外したピアノで井上鑑が紡ぐハーモニーと二人の打楽器奏者の紡ぐメロディーとでも言うべきアンサンブル、生音の魅力を会場一杯に満たしたコンサートになりました。
オフィシャル録音、そして会場に詰めかけた皆さんの録音作品がどんな感じに仕上がっているのか?これからが楽しみです。こちらのコンサートも前代未聞のビリンバウ・トリオまでアンコールで登場するという贅沢なもの。「録っても良いコンサート」というフォーマットも未来への大きな一歩を踏み出した手応えを残してアンコール待ちの拍手とともに無事終演いたしました。

 
 

改めまして、会場に足を運んで下さったみなさまに心からの御礼を出演者一同、スタッフ、関係者より申し上げます。
そしてムジカーザのみなさま、創立20周年おめでとうございます。
これからも素晴らしい音の響きを慕って数多くの音楽家、音楽ファンが訪れることでしょう。

「DSD Trio 録っても良いコンサート」先録りインフォメーションVol.2

2015.11.15

index

 

DSD Trio 録っても良いコンサート」の開催を来週に控え、サウンドプロデューサーであるエンジニア赤川新一氏からメッセージが届きました。会場の詳しいセッティング状況など、ぜひご覧ください。

 

オフィシャル音源録音担当の赤川です。
コンサート当日の録音関係の調整も担当しております。

 

現時点では、ステージ、マイクエリア、R席、S席の配置は掲載された以下の図のようになっています。
マイクエリアはステージ前方とステージセンターから後方に伸びる形になっていますが、これはLRのバランス良く録音+モニターするために最適の場所、機材に近い場所という位置付けです。(多くの方がワンポイント録音を予定している為)

 

会場内セッティング予定図

 

R席は機材の近くに座る必要がありますので、基本的にはステージセンターから後方へセットされる予定ですが、大型の機材などを持ち込まれた場合は、「機材エリア」と称する場所に置かせていただきます。その場合、機材エリア近くにR席が出没する事もあるかもしれません。

 

S席は前方にマイクやスタンドなどが来る部分もあると思いますが、概ね通常の客席です。
マイクがステージ近くに設置出来れば録音者が最前列に居る必要がないため、サイド前方はS席となります。お申し込みになりました席区分の変更も随時受付けるそうですので、ご希望の際にはメールにてご連絡をお願いします。

 

メールお問い合わせ先:
dsdrecordingsession2015@pabloworkshop.com

 

当日、僕はリハーサル時にセンター付近でのバランスをチェックし、ピアノ・ドラム・パーカッションの配置や向きなどを決定します。つまり、詳細な位置関係などは本番まで決定されないという事が前提となります。このあたりは実際のレコーディングに於いても同様です。つまりかなり流動的ですので、セッションにまつわる諸事情を含めてお楽しみ下さい。

 

R席に供給される電源は3P仕様の100Vになりますが、3Pのアースは結線されていません。通常の壁コンセントからの延長になりますので、ある程度の電圧低下はあるかもしれません。95Vを下回る事は無いと思いますが、117Vの機材を「100Vでも動くから」と持ち込まれるのは危険と思います。117Vの機材を予定しておられる方は、昇圧トランスなどを持ち込まれる事を推奨します。また、電源生成機を持ち込まれる事もOKですが、ファンノイズの大きいものや、トランスの唸りが大きいものなどは、使用をお断りするケースがあるかと思います。動作音対策もよろしくお願いします。

 

今回は全くの生音だけのコンサートで、PAは使用されません(MCはPA使用)。録音に向いているだけではなく、コンサートとして非常に希なほど良い音になると思います。本番は録音機に付けたヘッドホンではなく、会場に響き渡る生音をお楽しみ下さい。

 

ムジカーザヴァーチャルツアー
http://vr.panokul360.com/d06/musicasa/001/pc.html

「DSD Trio 録っても良いコンサート」先録りインフォメーションVol.1

2015.11.10

「DSD Trio 録っても良いコンサート」の開催を来週に控えた井上鑑からメッセージが届きました。

 

今回のコンサートは新しい試みです。
録音会でも無ければ規制の緩いライブでも無く、参加して下さる皆さんとともに「記憶に美しく残る音楽」を育てようという一夜なのです。
同じ曲からも毎回違った物語が紡ぎ出されるのがDSD Trioの演奏の魅力ですが、何とそれらを持ち帰って再体験して頂く事が出来ます。レコーディングスタジオで作品作りをしていくのと同様な感動と興奮を、ともに味わう事が出来たらどんなにか素晴らしい事でしょう。
当日は同じ曲を数回別テイクとして演奏する、という構成も用意しています。どのテイクがお好みか?どの瞬間に心が動いたか?様々なリアクションが生まれることと思います。演奏者の音楽的会話が客席で端末を掲げるみなさまにリアルに伝わっていくに違いないと、メンバーも楽しみにしています!

 

そして、お問い合わせが多い当日の会場内セッティング予定図を掲載いたします。

 

会場内セッティング予定図

 

S席は通常通り客席全般を使います。R席の皆さんはマイクスタンド設営可能エリアに近く、ステージのセンターポジションに隣接した縦位置の2列と、ステージ上手奥のスペースを機材設営エリアとして使って頂きます。
お客様の動線、ステージ上の楽器配置、特にピアノの設営位置と向きに関しては未だ未定の段階です。大きく変更することは考え難いのですが、詳細はリハーサルをしながら細かく現実的に煮詰めてまいりますので、参考図として御理解下さいますようお願いいたします。

 

それでは、みなさま
11/19日に代々木上原ムジカーザにてお会い出来るのを楽しみにしております。

 

井上 鑑