• のニュース
  • のイベント

No Nukes Gig 2018のご報告とお礼

2018.09.14

 

お礼が遅くなってしまいました!
北沢タウンホールへご来場下さいました180名強のみなさま、ご理解とサポートをありがとうございました。
出演者も音楽的にもバラエティに富み、充実した音楽会になったことをご報告し、お礼を申し上げます。

 

僕個人としてエポックメイキングとなったのはHaloclineと「TiKapp」を初めてライブ共演出来たこと、です。
昨年リリースのアルバム「Ostinato」の収録曲ですが、木管6重奏アンサンブル・Haloclineと僕のみ、という珍しい編成で作っただけにライブ演奏の機会はなかなか生まれませんでした。
彼らの卓越した技術と歌心、しかもとても入念にリハーサルされて磨き上げられた演奏に導かれて素晴らしい体験となりました。

 

この曲はアイヌの言葉を拠り所にした日本の,さらに言えば北方の「鳥の歌」です。
これからもカタルーニャの「鳥の歌」への一つの返歌として、平和や暖かな未来への願いを込めて歌い継いでいきたいと感じました。
いまもなお数々の不自由の中で未来を見つめる北海道の皆さんへ、大地震で失われた命への哀悼を込めて捧げたいと思います。

 

井上 鑑

 

Photo By Satoko Omori