topimg2014

 

 

2014年11月5日(水)

開場18:00 開演18:30
前売り5,000円/当日5,500円
東京オペラシティ リサイタルホール

〒163-1403 東京都新宿区西新宿3-20-2
TEL 03-5353-0788

京王新線「初台駅」東口徒歩5分(東京オペラシティビルB1F)

map_l

 

 

チケット取り扱い
e-plus
一般発売:9/5(金)〜
※e-plus先行発売はおかげさまをもちまして終了いたしました。多数のお申し込みをありがとうございます。


開場、休憩時にロビー内ブースにて
sound Installation 「Soundings 2014」 を公開いたします。
整理番号制、詳しいお申し込み方法は追ってお知らせいたします。
(コンサート入場の方のみご参加頂けます。)企画製作協力:KORG

「Soundings 2014」整理券配布のおしらせ

11/5井上鑑「独創會」オペラシティ・リサイタルホール ロビー特設ブースにて、当日、「井上鑑・独創會」の御入場者を対象にKORG Acoustageという音響技術を使用したサウンド・インスタレーションをご鑑賞頂けます。
非常に対象人数が限られてしまう条件ですが、新たな可能性を模索する試みとして実験的に発表するプロジェクトです。

17:30よりオペラシティ・リサイタルホール会場入り口受付にて20枚の整理券を配布いたします。
開場時より1回約5分のシークエンスで番号順に順次ご入場頂きますが、整理券配布時に詳細はご案内させて頂きます。
当日の状況によりご協力をお願いする点もあるかと存じますが、ご了承いただきますようお願いします。

コルグ「Acoustage」とは…
従来のオーディオシステムの概念にとらわれない、新しい音響技術です。
高度な信号処理技術や音響心理、空間音響の研究から得た知見をベースに、前方に置かれたステレオスピーカを使い、聴取者の左右や後方などあらゆる方向に“音”を創生します。従来では体験できなかったパーソナルな音響空間を創造します。
 


出演

 

akirainoue140824井上 鑑<Produce, Piano, Voice, etc>

1953年、チェリスト井上頼豊の長男として東京に生まれる。
桐朋学園大学作曲科在学中(三善晃氏に師事)より、作編曲家・キーボード奏者 として活動開始。
81年、ソロ・デビューアルバム「予言者の夢」はオリコン24位、同シングル「Gravitations」は横浜タイヤASPECのCM曲として注目を集 める。以降13枚のリーダーアルバムを東京とロンドンを拠点に発表。歴史的ヒット作、寺尾聰「ルビーの指環」で日本レコード大賞編曲賞を受賞。繊細な書法 とオーガニックなセンスを持つアレンジャー・プロデューサーとして、薬師丸ひろ子、吉田兄弟・大滝詠一・いきものがかり他多数のプロジェクト、ヒット作品 に参加。
2000年頃より福山雅治の音楽制作全般に参画、ライブステージのキャプテンとしても活躍。
日本テレビ ドラマ「泣くな、はらちゃん」「弱くても勝てます」などで音楽を担当。
2011年、筑摩書房より編曲という視点から音楽文化、現代社会を見つめる単行本「僕の音、僕の庭」を出版。伝説的バンド「パラシュート」のメンバーであ り、今剛、高水健司、山木秀夫とのユニット「井山大今」、山木秀夫、三沢またろうとのトリオ「DSD Trio」など多面的な演奏活動に加えてソロ・コンサート・シリーズ「僕の音」を3年間1クールで成功させている。
2012年より「連歌・鳥の歌」ウェブサイトとライブをプロデュース。

オフィシャルサイト http://www.akira-inoue.com
連歌・鳥の歌 http://thesongofbirds.com

特別出演

hideoyamaki140824山木秀夫<Drums, Percussion, Valafon etc>

1952年熊本うまれ。父の影響で幼稚園の頃からジャズとタンゴに親しみ、ドラマーとして歩み始める。沖縄での修行の後市川秀夫トリオに入団して上 京。以来土岐英史、益田幹夫、八木正生、佐藤允彦、山本剛らの多くのミュージシャンとの共演を経て78年、清水靖晃、笹路正徳、土方隆行らと「マライヤ」 を結成。80年代には、「渡辺香津美バンド」「ワールド・ドラマーズ・ミーティング」(ビル・ブラッフォード、ビリー・コブハム、スティーブ・ガッド、 ハービー・メイソン等と共演)等に参加しながらトップスタジオミュージシャンとしての地位を固める。
85年、井上鑑とユニットを組み、ビル・ブラッフォード、ジョン・ギブリン等とロンドンでレコーディング、日本にてライブを行う。
同85年近藤等則の「IMA」に参加し、10年間にわたり度々ヨーロッパをツアーする。その他、アート・リンゼイ、ジョン・ゾーン、坂本龍一、細野晴臣、 デビット・シルビアン、などと共演。リーダーアルバムも多数発表し、アーティストとしての表現活動は多彩で先鋭である。福山雅治、B’z、中島みゆき、今 井美樹、藤井フミヤ、チャラ、山崎まさよし、電気グルーヴ、井上陽水、美空ひばり、その他のレコーディングに参加し、あらゆるジャンルを越えて活躍中。
http://shiosai.cocolog-nifty.com/yamaki/

mataromisawa140824三沢またろう<Percussion, Guitar, Voice etc>
東京音楽大学打楽器科卒。80年代に「OPA」「Sugar」「高橋真梨子バンド」等で活動を始める。「米米CLUB」の元正式メンバー、現在もサポート メンバーとして活動をしている。一方では桑田佳祐、福山雅治、中島美嘉、その他数知れないレコーディングセッション、ツアーサポートで活躍。新世代パー カッショニスト代表として後進の指導にも当たり硬軟使い分ける感覚の幅広さで現代音楽から古典落語までを網羅する才人。正確な技術と表現力豊かな演奏で周 囲の信頼を集める存在となる。自身の企画による演奏活動や演芸活動も多彩。また自他共に認めるアコースティック・ギターの愛好家であり、 「C,S,N,Y」や「ガロ」のフリークとして、そして毎年製作している「オリジナル日めくりカレンダー」のプロデュースでも知られている。
http://www.mataro.jp/


トレイラー#1(山木秀夫・スペシャルインタビュー)


トレイラー#2(三沢またろう・スペシャルインタビュー)


トレイラー#3(音響プロデュース 赤川新一・スペシャルインタビュー)

レコーディング・エンジニアとして独自の境地を切り拓く彼のレアなインタビュー映像をお楽しみ下さい。


トレイラー#4(井上鑑・スペシャルインタビュー)

お知らせトレーラーシリーズ・井上鑑自身が登場した本編で完結です。
素晴らしい映像プロデュース、そして赤川新一編のエンドロールに続き今回の見事なエンドロールの作者、大森宏樹さんに心から感謝いたします。