井上頼豊トリビュートコンサートシリーズ2004

 

井上 頼豊 トリビュートコンサートシリーズ
[ 終了しました ]
このコンサートシリーズは彼らのたどった道を受け継ぎ、歌い続け、弾き続ける演奏家と作曲家達によっ て構成される演奏会です。3年をひとつのスパンに企画され、「井上頼豊チェロ講座」の資料と貴重な音源をアーカイヴと新録を含めたものとして出版すること も目標としていきます。
井上 頼豊 1912年-1996年

チェリストとして戦前から活動を始め、新交響楽団(現・NHK交響楽団)に入団した1934年から1943年に招集され中国戦線に送られるまで室内楽、また「音楽評論」の編纂など多面的に活動。
終戦後ソ連に抑留され1948年に帰国するまでアンサンブルを他の音楽関係者と共に作りシベリア各地を巡回演奏。帰国後、本格的に音楽活動を再開し、計 30回のリサイタルを始め、室内楽、合唱指導、教育、そして文筆活動を展開。チェロを始めるきっかけともなったパブロカザルスには1961年に公開レッス ンを受け、後年1983年,1990年には生地ヴェンドレル(バルセロナ郊外)を訪れ、とくに1990年にはカザルス・オーディトリアムにてリサイタルを 開く。
1981年と1995年にはチェロ音楽を系統的に分析しその歴史と遺産を包括する「井上頼豊チェロ講座」をそれぞれ東京と大阪にて開講。戦前、東京音楽学 校(現・東京芸術大学)において軍事教練に反対する意思表示に始まり、一貫して平和運動と共に歩み続けてきたその姿勢は反ファシズムという意志を貫いた師 パブロカザルスと並んで多くの後進達からの信頼と敬意を集める存在であった。桐朋学園大学名誉教授。チャイコフスキー・コンクール審査委員を務めた。
11月18日(木)

Ego-QuaR(弦楽四重奏) 今野均(VL) 桐山なぎさ(VL) 細川亜維子(VA) 笠原あやの(VC)
[曲目] Gravity / 井上鑑 、Professor A Hair/山本拓夫、Portuguese / 山本裕康 他

山本裕康(VC) 倉持あづさ(VC) 久武麻子(VC )
[曲目] VC TRIO / 井上 鑑、Song of… / C.P.Suyar、 鳥の歌 / カタロニア民謡 他
井上 鑑(ピアノ)

11月19日(金)

中村明一(尺八)
[曲目] 鶴の巣籠 / 虚無僧伝承曲 、In The Garden /井上鑑 他

ナターシャ・グジー (バンドゥーラ,ヴォーカル) 井上鑑 / 作編曲、ピアノ
[曲目] 何故なのか教えて / ナターシャ・グジー、 鳥の歌 / カタロニア民謡、 あなたの声に心が聞く/ サン・サーンス 他
井上 鑑(ピアノ)

「音楽と平和は双子の兄弟」2004 発起人 井上 鑑、 苅田 雅治、 小川 剛一郎 (敬称略)

会場  MUSICASA 03−5454−0034 渋谷区西原3−33−1
小田急線・地下鉄千代田線代々木上原駅東口より徒歩3分[地図] チケット料金  前売り 3,800円 / 当日4,300円(税込み)

問合せ・ご予約
パブロ ワークショップ TEL.03−5477−5126 チケットぴあ TEL.0570−02−9999(Pコード184−883)