© 2020 Akira Inoue / Pablo Workshop.

井上鑑

森を聴くひと
Integrations

Akira Inoue Official website

"High-Tech,Hand Made"

作詞 作曲 編曲 変奏家として発信を続ける音楽家・井上鑑オフィシャル・サイト

1/5

名は体を表すと言いますが、昭和期の写真家達の名前はすごいものばかり。土門拳に始まり十文字美信、操上和美、篠山紀信、横須賀功光、鋤田正義、森山大道、、、そして、奈良原一高写真展、東京・世田谷美術館にて1/26までです。60年代の独立独歩を感じとれます。

News

Projects

 
 
「OSTINATO」2020  絶賛準備中です!
「OSTINATO」2020  絶賛準備中です!

「OSTINATO」2020 絶賛準備中です!

パシフィコ横浜での「福山☆冬の大感謝祭其の十九」にキャプテンとして参加し、熱量たっぷりのエネルギーをお客様達、そしてステージ上の出演者達から毎公演ごとに受け取り続けています。

ミーガ ソロ・デビューアルバム「ウルスガル」をプロデュース
ミーガ ソロ・デビューアルバム「ウルスガル」をプロデュース

ミーガ ソロ・デビューアルバム「ウルスガル」をプロデュース

​モンゴル琴の名花、ミーガさんのソロ・デビューアルバム「ウルスガル」をプロデュースしました。

banner_ostinato.jpg

Wordium 2020 #002

GratefulとくればミュージシャンとしてはやはりDeadと連想してしまうものだ。彼らのステージ写真を見て機材のラックが木製なのを発見して憬れ、真似をしてみたこともある。その当時日本の音楽業界は右肩上がり千鳥足徘徊時代で、一日に3本ものスタジオワークをこなす身には木製ラックなんて重すぎて傷つきやすくて実用には程遠かった事も苦い思い出だ。彷徨える死者を成仏させる資金を提供し、その後幸運に恵まれた旅人の寓話から取られたというGrateful Deadというグループ名はヒッピー文化の伝道師達に相応しいけれども、個人的にはRadioheadやREMの由来の方が感覚的にしっくり来る。Radioheadはそもそも大好きだったTalking Headsの曲名から命名されているし、REMは文句の付けようもない。Remember Every Moments.

Wordium

Biography