Mataro Misawa / Akira Inoue/HIdeo Yamaki

DSD Trio

“精密で野蛮なリズムキング”ふたりと“ハーモニーの錬金術師”によるトリオ。

ドラム&パーカッションにキーボードという希有な編成、リズムとハーモニーの限りない自由。バルトークからウィーン新古典派、ボサノバ、ビートルズ、バリ音楽まで、

果てのない音楽旅行

2013年11月に行った3度のライブで始動したDSD trio。

ドラム&シンセサイザー&ドラム(パーカッション)、打楽器+鍵盤+打楽器という変則的な編成のもと、そこから生まれる圧巻のリズムと、自由に解き放たれた旋律とハーモニーによって初ライブから多くの観客を魅了するトリオサウンドを確立。

 

1stアルバム『LISTEN』ではDSDフォーマットによるレコーディングを行い、マイク・マイニエリ、ダニエル・ラノワ、ビートルズといった通好みのカヴァー、現代音楽の影響も感じさせる井上鑑の作曲、そしてスタジオで生まれる即興が創り出した楽曲の数々はライブとは違ったアコースティック感に満ちたものとなった。e-onkyoにてDSD 5.6MHzのハイレゾ配信、CD発売、その他配信にてリリース。

ちなみに、"DSD trio"のネーミングは、ドラム&シンセサイザー&ドラムの編成を示すと共に、これからの時代の音質にこだわったチャレンジを示すDSDフォーマットをも見据えたダブルミーニング。

1st Album"Listen" 14.07.04

shiosai ZiZO Label

© 2020 Akira Inoue / Pablo Workshop.