REISSUE

細野晴臣『花に水』、矢口博康『観光地楽団』、ムーンライダーズ『マニア・マニエラ』、南佳孝『昨日のつづき』といった一連の作品とともに冬樹社“カセットブックシリーズ SEED”として 1984年に発表された井上鑑『カルサヴィーナ』。1st アルバム『予言者の夢』(1982年)以降、ソロ名義で自身の音楽性をさらに追求すべく試行錯誤が繰り返されるなか制作された本作は、20世紀初頭の伝説的バレエダンサー“ニジンスキー”をテーマにテクノロジーとともに飛躍的な進化を遂げた電子楽器&機材と稀有なプレイヤーたちによる生演奏とを精密に重ね合わせた先鋭的なサウンドで、「当時だからこそ可能であった」と本人も語るように長時間に及ぶレコーディングやスタジオワークから生み出され楽曲はそれぞれアンビエント、ミニマル、エスノ、フュージョンといった側面を持ちながらも全編通してはカテゴライズ不可能なまさに幻想の音世界!今回の再発にあたりオリジナルのカセットテープに最新デジタル・リマスタリングを施し新たなマスターを作成、さらに井上鑑本人とエンジニアとして参加していた藤田厚生による当時の回想録もブックレットに掲載し本作の成り立ちからどのように制作されたのかまで詳細に記された 80年代の音楽シーンが垣間見ることもできる資料的にも価値のある歴史的作品です!

PCD-26076 定価:¥2,600+税

Karsavina

from 1984

Arranged By – 井上鑑

Cello – 銅銀久弥

Directed By – 木村嘉男

Electric Bass – 高水健司 (tracks: A4, B1, B3)

Engineer – 藤田厚生

Guitar – 今剛 (tracks: B3)

Koto – 川村昌子

Music By – 井上鑑

Percussion – 山木秀夫

Producer – 井上鑑

初回ご購入特典コンテンツはこちら

※ご覧いただくには製品付属のパスワードが必要です。

本製品に関するお問い合わせはこちらまで

(P-VINE Records)

© 2020 Akira Inoue / Pablo Workshop.