「モザイク」


ヨーロッパの自転車レースをBSで見るのは本当に楽しい。ストイックでもないし知識もないが自転車そのものが乗るのも見るのも好き、というのが主たる理由だけれども、正直に言えばレースとしての結果や過程に一番の興味がある訳ではない。ツール・ド・フランスなどその際たるものだが、フランスの各地を巡っていくレースコース、驚くほど美しくしかも落ち着いた画角で放映される風景、特に空撮が素晴らしいのだ。色々な人に話を聞くと、僕と同じようにフランスやイタリアの空中旅行をテレビで楽しんでいる人は結構主流派とさえ言えるようだ。アルプス周辺の山小屋風の建物の色々、地中海沿岸のリゾート地や港の風景、安野光雅画伯描くところの「旅の絵本」をリアルにしたような森や山の緑と煉瓦色を始め色とりどりの家々の屋根、古い城砦や教会の姿を見ることは毎夏の楽しみというべきものになっている、そんな同輩がたくさんいるとはうれしい。
自転車レースを取り巻く人も家々もモザイクのように色も形もとりどりの絵だ。でも、そんな中に時々現れる大きな工場や見本市会場のFlatに見えること。味が無いというか、何と言うのかイメージに乏しくて効率のみしか見えてこないのが寂しい。エッフェル塔や東京タワーは上空から見ても良い意味でのモザイク感があるし、新しい美術館やサッカースタジアムのなかにもビルバオのグッゲンハイムを始めチャーミングな建築は存在する。新しくものを作るからといって全てが効率優先の直線で支配されてしまうのは必然では無いはず。
 
ひとの心を同じ形で積み重ねて収納出来るようにするには軍隊が一番のシステム。モザイク、それは大切にしたいもの。
(Photo And Text By Akira Inoue)

≪From Akira Inoue≫
OSTINATOD.S.D TrioParachuteArrange Island Show連歌 鳥の歌 2016

News

No Nukes Gig 2018のご報告とお礼

お礼が遅くなってしまいました!
北沢タウンホールへご来場下さいました180名強のみなさま、ご理解とサポートをありがとうございました。出演者も音楽的にもバラエティに富み、充実した音楽会になったことをご報告し、お礼を申し上げます。