「僕はCM音楽作曲家として資生堂に育てられました。そして資生堂はこうした美学と共に歩んできたのです。」


手触り、という感覚がアナログで大切なものであることは確かです。でも耳触り、目触り、という言葉も復権させたいと感じます。見えている、聞こえているという感触は何処までの深さを生むのか?人という動物が自然界の中で生き抜いてきた歴史の大半は目と耳に守られているのみだったのですから。例えばこの美しい香水瓶、手に持ってこそ完成される美でした。


[Photo and text by Akira Inoue]

News

井山大今・名阪東ツアー

井山大今・名阪東ツアー・プロモーションです!!メンバーも心待ちにしているライ
ブハウス・ツアーに応援よろしくお願いします。新作アルバムからのセレクションを
中心に4人のアンサンブルをお楽しみ下さい。