「Try To Remember」


秋が近づくと思い出す歌がある。
僕はミュージカルというフォーマットにあまり馴染みがなくて、歌も好きだし演劇にも興味があるのだが商業性が強いものについ疑義を感じてしまうようだ。と言うと頑固者のようだが、単純にあまり接点が無かっただけ。「Westside Story」には感動したしTom Waitsの「ヴォツェック」は一つの理想像でさえある。そして記憶に残るもう一作は「Fantasticks」、わけてもその中で歌われる名曲「Try To Remember」なのだ。
 
60年代後半のグローバルヒット曲となっただけに、音楽的にももちろん素晴らしい上に透明感のあふれる言葉が耳に残る。
 
remember 、 September
slow、 mellow
 
英語の韻という文化の奥深さや魅力の詰まった歌詞は、たおやかな歩調で心の散歩道を導いてくれるものだ。
 
あー、なんだか判るなぁ、、、ゆっくり流れる秋の時間。でも一行目に出てくるthe kind ofってどんな意味合いなんだ?、、、結局全然判っていないけど、あー、わかるなぁ。
 
(Text and Photo By Akira Inoue)

 


≪From Akira Inoue≫
OSTINATOD.S.D TrioParachuteArrange Island Show連歌 鳥の歌 2016

News

「No Nuke Gig 2019」ありがとうございました!

おかげさまで9/5に開催された「No Nuke Gig 2019」は世代もバックボーンもちがう表現者の皆さんが、ステージ上で大きな一つのメッセージを紡ぐ音楽会となりました。