「変わらぬもの、変わりゆくもの」


現在という瞬間に普遍性があることを誰もが信じて生きているけれども、同じ地球という星の上で朝を感じている人にも夕暮れを感じている人にとっても、今という瞬間が同じ現在であると言い切るのは難しい。旅をしてみれば実感出来ることだけれども、たった一つの山脈が存在することで世界は違う形を両側に形作っていくものだし、一つの川が両岸に恵みと災いを共に与え続けて来たことを忘れることは出来ない。
NHKの宇宙をテーマにした番組で、『天の川星雲が大きな星雲衝突によって太陽系を生みだし、人類誕生の契機を作った後100億年も平穏に時が過ぎたことは単なる偶然に近い』ということを取り上げていたのはご覧になった方も多いだろう。こうして人類がその営みを賢くも愚かしくもとにかく営々と続けてこられたのも、ああ偶然なのね、、、と考えると昨日と今日の変化なんて無いにも等しいのだと述懐せざるを得ない。宇宙には私たち人類が居ようが居まいが変わらぬものがあり、私たちとしては生物的に存在している限り変わらぬものがあり、これからの未来で変わりゆく物事は唯一私たちの眼と頭と言葉の作用し得る世界なのかもしれない。
 
前出の番組に依れば、今後天の川星雲が大マゼラン星雲と衝突する可能性が危惧されていると言うことだ。ちょっとびっくりだけれども、その予想時期は約20億年後だそうなので、眼と頭と言葉を磨く時間は未だありそうですね。
 
(Text and Photo By Akira Inoue)

 


≪From Akira Inoue≫
OSTINATOD.S.D TrioParachuteArrange Island Show連歌 鳥の歌 2016